こんにちは。

ちょっと暖かい日が続いていましたが、そろそろ冬が来ているようでこのあったかい秋日も最後みたいです。

「Game of Thrones」 観ていた方には言いたいですね、 「Winter is coming!」まさに!

なんかこのセリフ、もはやギャグって言ってもいいくらいドラマを象徴するような文言になっていて、このドラマが流行った頃はとにかくこれを言い合っては笑う、みたいなくだらないことやってました。笑 何がおかしかったのでしょうか。今となっては謎ですが、どうしてもこの時期はいまだにこれ言いたくなる私がいます。

どうでもいいし、知らない人にはなんのこっっちゃって感じですね。


おもしろ海外ドラマです。引きこもって一気見とかにオススメ。

あ、でも、海外ドラマなら、もう断然マーベル派になってしまった私。

映画アベンジャーズからのドラマアベンジャーズ関連、サイコーです。


脱線しすぎ。でもいつか書きます!海外ドラマの話ww


やっと本題。


いや、最近ね突然色んなことがどうでも良くなってたんですよ。

前触れもなく、唐突すぎて理由も不明すぎ。

全部やる気無くなって、ヨガも瞑想さえも「えーめんどくさっ」って感じ。

この「めんどくさっ」がめっちゃ強めで、何をするもの億劫ww


喋るのとか、トイレ行くのも面倒ww

気力なし、元気なし、やる気なし、食欲の欲のみあり。

どんだけですかね。


ちょっとゆっくり過ごしても全然回復の兆しなし!!


でもここで、変化に気づくんですよ。

普段の私だったら、ここで自分責めが始まります。

いや、私の十八番だったんですよ、マジで。

もちろん、感情リリースしたり、ヨガアンド瞑想もしたりしてきたので、責めた自分に気づいて軌道修正できるスピードは昔より上がっていたんです。

でも、やっぱりすぐクセ発動!ってな感じで、ちょと疲れた状態が続くと責める(ジャッジする)自分にはよくこんにちは、してたんです。


自己紹介にも書きましたが、10代で鬱にもなりました。

元々自信がないのに、そこからさらに自己肯定感だだ下がり。

うつ状態が改善したところで、自己肯定感が上がるかといえばそれはまた別の話。


「うつになった自分」を受け入れることがうまくできず恥じていたので、10代後半からそれこそ自己否定をし続けていくことになります。


大人になる前にそこへ行ってしまい、自分本来の元氣な状態がずっとわからないままでした。というか、知らないww 疲れやすいし、人からエネルギーもらいやすいので、疲れないように計画にだいぶゆとりを持たせたり、目標を持たないように(爆笑)してました。自分に幻滅したくなかったんでしょうね。

だって普通に生活してても出てくる「弱い繊細な自分」「疲れやすい、人より頑張れない」などなど、そんな自分を見るたびに責めてたんですよね。


いや、そんなことしてたら元氣になるわけないやん、って今の私なら思うんですが。


長い間かけてしつこい癖となって私の中に出来上がった、

「できない私、やらない私、疲れてる私」への責めww


これは今年Dr. Joe Dispenzaという脳神経学者の本に出会ってより理解できるようになったのですが、長い間同じ思考、感情を繰り返していくと、トリガー(きっかけ)がなくても何度も繰り返すほど大好きな(と脳が勝手に判断してしまった)感情や思考を起こすように脳が働きかけるようになるんですよね。それも自動的に。恐ろしすぎる。笑


特定の思考、感情が湧き上がるように脳の思考回路ががっっつりと出来上がるのと、潜在意識に組み込まれ自律神経に働きかけ体内の化学反応も起こしていくので、本人はその感情や思考を「真実」と思い込むようになる、というトリック。


よくうつ状態の人は認知の歪みが出てくる、と言われますが、例えばある出来事を「こうだ」と判断しているだけなのに、本人は判断した、とも気づかずそれが「揺るがない真実」だと思い込んで苦しんでいくんですね。


いや、それ、マジでそれでした!!!


「弱くて繊細な私はダメ人間」という、ここまではっきりとは思ってなくても、というか思わないくらい自然な感じに私の中で信念と思考回路が出来上がっていて長い間自分で自分を苦しめてきました。


でも、でも、、


今回は、ただやる気が出ないんです。

責めないww


そっかー、で終わり。


それが自然にできる人もたくさんいると思うんです。


でも私にはそれが大きな大きな大きな変化を感じる瞬間となりました。

私のめっちゃ根深いテーマだったんですね、ダメな自分を受け止める。

特に、その肉体的な疲れが出やすい、それで精神的にも落ちる、という負のループ。

これ恐ろしいほど繰り返してきたのに、気づいたらやめれてました。軌道修正も必要なく!!!すごい、まきちゃん。笑


大体10日間くらい(ながっ)そんなぼんやりしすぎな状態だったのですが、ただ淡々と日々を送ることができました。


人間って変わっていけるんですね、ほんと。


それは、自分の繊細さや持って生まれたものを変えていくのではなく、受け入れる続けていくことで受け止め方が変わって世界の見え方が変わる、って。

なんて有難いんでしょう、ここからの景色。


今年一年は本当に色々ありました。

なんかの占いに、今年は3年分くらいが詰め込まれた一年と書いてあって、3年ほどはないけれど、とにかく超スピードで全てが進む、でもあっという間のようで長い、密度も濃い一年でした。もはや、2、3年前は前世なんではないか、と思えるほど。ww

環境、仕事、感情面、新たな分野との出会いなど変化もすごくありました。


その疲れが出たんよ、と勝手に決めつけて堂々とやる気のないまま過ごせましたww


自己受容や自己肯定感も上げられて、思考や感情の癖も筋トレのように変えていける感情リリースの話はまた今度詳しく書きますね。


ほっっんとに、自己肯定って大事ですね。


いやー、嬉しかったなぁ。自分を責めない、自分に気づくって。

そんなことしなくてよかったんですね。涙

いつだって目の前のことに感謝して、リラックスして生きてていいんですね。


今日も長い長い文章を読んでくださりありがとうございました。