昔から集団行動が苦手でした。

その瞬間、輪になって楽しむことができても自分のペースって大切で。

自由でいいです、って中で、なんとなくそうなりました、みたいな感じがとても好きです。

とは言え、みんなで何かをする、と言った時に、計画立てて実行までやれるし、細かいところも気がつくし、誰かの発言待ちや意見を言わない謎の日本文化も苦手なので、自分でやった方が早い、と昔はじゃんじゃか行動していました。


なぜなら、さっと終わらせてダラダラしたい、自由にw


ただせっかちでいい加減なので、だいぶ見切り発車したりします。

文章は最後まで読まない。確認したくない。

小説に出てくる名前とか音にして読まず、形で把握。

最後まで読み方不明のまま突き進むことも多いです。


でも、ちゃんとしてそう!と周りに装うのめっちゃ上手。


それは、私の中で長いこと「いい子でいなきゃ」「ちゃんとしてなきゃ」という信念があったため、今でも人に「寄った」行動・発言をする場面があります。

今は少なくとも無意識にそれをやることはないし、あと無理して合わせると後で具合悪くなるのであんまりやらない、というか合わせなきゃいけない場面を極力避けます。


だからね、めっちゃ自由な人見ると安心するんですよね。

というか、そういう人といると楽なんですよね。


私、自己紹介にも書いたように暗黒の10代後半から20代を過ごしたのですが、東京酒場時代はちょっとした青春を過ごせた気がしています。東京酒場時代、というのは東京在住時、仕事が休みの時ひたすらお酒を飲むのを楽しんでいた、ってただそれだけですが。

その時代、研修医→出産→子育てしながら医師をしていた地元・鹿児島の友達と本当によく飲み一緒にいました。その子の子供もよく子守りしました。

なっちゃんって言うんですけどね、彼女がね、本当にね、いい意味であるがままなんですよ。ちょっとだらしがないところもあるのに、隠さない。部屋汚くてもw、酔い乱れてもw、いろいろ適当でもw、全部そのまま出しているです。人としても頭がいい子なので、もちろん空気は読めるし、彼女なりに気を遣っているところはたくさんあってやさしいステキでおもしろい子なのですが。空気読んでもそのまま突っ走るところも多々見ました。かっこいい。笑

酔っ払って泥酔状態の彼女としげ(おっと)のお世話を何度したか。笑 

でも全然腹立ったりとか、もう一緒に飲みたくない、とか思ったことなくて。むしろ、今日はどんななっちゃんが見れるんだって、楽しみでしょうがなかった。自己肯定が低かった私はその色んな面をそのまま見せてくれる彼女にとても癒されていました。


今でも彼女が酔い乱れる姿を見るの、楽しいです。3児のママなのに全然変わらない乱れ方でだんだん座る目と、忖度ない話。エンターテイメントですね。

いや、それだけじゃない魅力がたくさんある彼女ですが、みんな大好き、酒を飲んだなっちゃん。笑

多分私を含めみんなが惹きつけられるのは、その溢れんばかりの人間味ですね。

「ちゃんとしている」ところしか見えなければ、わからないその人間味。

ババーンと自分のありのままを出してくれるので、本音もきれいごとなしに伝わってきます。やっぱ、本音ってどんなもんであれ、面白いですよね!


以前、色んな感情を繰り返し深掘りしてた頃出てきていた信念の多くに「いい子でいなきゃ」「いい人でいなきゃ」「ちゃんとしてなきゃ」がありました。


でも、それぞれの基準って本当にバラバラ。

「ちゃんとしている」からこそ好かれる人もいれば、「ちゃんとしている」からこそ苦手な人もいて。〇〇な人間でいなきゃ、なんて一個も当てになりません。


ちゃんとしているところは尊敬される部分ではありますが、私がなっちゃんに癒されたように、愛されるところというのは本当はいい加減であったり、テキトーな部分だったり、本音が見えるその人の人間味な気がします。


日本人の「ちゃんとしろ」同調圧力、めっちゃ強いですよね。

特に子育てしていて思います。「こんな場面だとこうしなきゃ」とかママだと感じてきた方は多いんではないでしょうか。

公共の場所では「子供」目線に合わせるより「大人」目線で子供を制御しようとします。

子供の個性にもよりますが、そんな「大人」のような目線、子供はムリムリ。

だって、静かにしなきゃいけないのも、元気な子供を押さえつけるのも、「大人が心地いい」とただそれだけの場合も多々あります。

そうするとお母さんたちも緊張します。子供をコントロールしないと、周りの目が怖い、と。子供連れで外出するだけで大変なのに、公然とお母さんを叱る方もいますしね、子育てなっとらん!的な。涙


もっといい加減な人増えたら、子育てもしやすくならないかな。笑

いい加減って『いい』加減なんだよ、って上手いこと言ってた人もいましたが、ちゃんとしなきゃって思い込んでで苦しい人がいたら、ぜひ、いい加減な人を周りで探してその人と一緒にいるのどうですかね。


何のために周りの空気読んで嫌なことやったり、色んなことを「ちゃんと」するために緊張したり急いであせっているのでしょうか。


実は、ほとんど意味ないけど「何となくそんな空気感」という訳のわからないトリックはまってたりするのかもですね。結局、私たちが何となく「同意」してしまっている空気感があるだけで、国が変われば、地域が変われば、簡単にその同意はかわってしまう。


だからこそ「正しい」「正しくない」「こうすべき」「これは間違い」なんて議論はスーパー意味ないんでしょう!


結局は、人は人。自分は自分。

ジャッジする人たちを批判しても、それはまた負の連鎖。笑


その辺りもいい加減に受け止めて、みんなでもうちょっとだらっと生きれたらいいな、と思ったりします。

なんかだいたいで、ゆるく、それぞれ自由に。笑



そんな、集団も「こうしなきゃ」圧力も苦手な私が作ったコミニティー、笑

『ゆるゆる倶楽部 ヨガと瞑想』


zoomなどを使ったオンラインのクラスよりはだいぶ気楽に、でもYoutube配信よりは身近に、何よりその人のペースを楽しめる空間になっています。


始める前は、対面よりもだいぶ距離があるのでは、と思っていたけど、コメントやいいね!をもらったりメッセージのやり取りや面談を通して生徒さんをすごく近くに感じれます。

何より、それぞれが自由にやってくれてる感が嬉しい。

集団にいるようで、縛られてない感。


それが選択できるいい時代ですね。


何かを継続していくときに壁になるのが、一人だと続けにくいってこと。

あとは手間をできるだけ少なくしておくことで、たまに出るやる気を逃さずできる!というのがあるので、ムリなく継続できる環境づくりってめっちゃ大事な気がします。

必要なのはやる気より継続可能な環境w


毎回の予約や支払いもいらないし、ただfacebookを開けるだけで週3、4更新されていくヨガや瞑想動画を見ることができます。みなさん使い方は、それぞれで、瞑想動画中心の方もいれば、ヨガをしている人もいるし、週1のペースの人もいれば、できるだけ毎日という方もいます。


月会費がずっとお得になるのは明日まで!

もっとその前に宣伝しろよっ、て感じですね。てへっ


装ってきた、”ちゃんとできる感”

2022年はよりその皮をさらにベリベリ剥がして、癒し系?もしくはイヤラシ系いい加減マギーになりたいものです。









最新記事

すべて表示

2022年、始まりましたね。 私は、年末年始、かなりの体調不良となり散々な年明けとなりました。笑 これでもか!というくらい身体が悲鳴をあげ、爆笑、トラブルも続いて。 そんなにひどい時期になると自分の今の状態が浮かび上がりますね。 ピンチの時にわかる自分の成長。以前もちょっと書きましたが、起こってることは散々でも、そういう時の精神状態は昔と比べてだいぶお気楽に構えられるようになりました。 人ごとのよ

みなさん、こんばんは! 年末に向けてのこの時期独特の忙しい感じにすでにやられてないですか?笑 やらなきゃいけないこと、は変えられなくても、呼吸は変えられます😄ふとした瞬間に呼吸を意識してゆっくり、深くしてみるだけでも気持ちが落ち着いて視野が広くなったり忙しい中でもリラックスできたりします。 1日に3万回も呼吸をする、という私達人間。その呼吸の質が良くなるだけで疲労感やストレスも全然違ってきますよ

来週のゆるゆる倶楽部のメニュー 火曜日:骨盤調整ヨガ 木曜日:今にくつろぐ(自己受容を深める) 土曜日:太陽礼拝の練習① オマケ配信は木曜日の配信後、ハミング瞑想やります!ハミングで音を出し続けながら集中を深めていきます。身体の中の振動を感じるのも気持ち良いですよ😊 年末年始の配信、どこかで長めのスペシャル配信をしたいな、と考えてたんですがもしかしたら27日の月曜日の午前中あたり実家からするかも