イマムラマキといいまふ。

でも、旧姓はさいとうまきです。

いずれはこの名前に戻そうと思ってます。

名前ってなんなんでしょう。

自己紹介には関係ないのですがwww

でも結婚する時すっごく考えました。

なんで女子は名前を変えなきゃいけないんだろう。戸籍ってなに??

めんどくさい女子。。

結婚する際に突然出てきた、戸籍とか名字変更にめっちゃ抵抗感があった25歳くらいのわたしでした。

夫婦が名字同じにする意味って、生まれてからずっと使ってきた名前を変えるほど大切なのかな。しかも有無を言わさず女子が変えるほう。

今だわかりません!


書き出しから長いですが、、

鹿児島で生まれ、鹿児島で育ちました。

大学で関西、卒業後は一瞬鹿児島、結婚して東京へ。しばらく暮らして熊本、今は福岡に住んでいます。

結構頭が良かったけれど、自分に自信がない少女時代を過ごしました。

小学生で宇宙のこと、死のこと、人間ってなんだ、ってこと考えるような変わり者。

周りと違うのはなんとなく気づいてて、隠すのに必死。集団で同じことをするとか、みんながちょっと努力すれば出来ること、わたしはめっちゃ頑張らないとできませんでした。なんでこんな意味のないこと先生はさせるの?って考えるような小学生。意味のないことやるのめっちゃ辛かった、笑笑

でも、みんなに合わせる、ことが大事、そう思ってたので、意地悪されたり、無視されると自分を責めてました。

自己肯定感、ひっくすぎww


そのまま進学校だった高校では、受験といじめを間に受けて、鬱になります。

でも、鬱って症状なだけで、わたしは病気ではないと思っているので、今なら対処の仕方は違ったと思うけれど、身体が動かなくなった原因を探して病院をハシゴしてやっと出た診断にすがるように薬を飲みました。

それで完全に『病人』となった感覚がありました。なぜなら治らないどころか、考えたり、勉強したりが全く出来なくなったから。

そこからは『鬱になったわたし』『繊細で弱いわたし』を隠すためにビクビクしながら生きてきた気がします。ダサい自分を隠したかった。

鬱になる前あんなに勉強してたのに、とりあえず人生を進めるため一年勉強しないまま入れる大学に入り、入った先でも悩みます。

20歳前後、普通に大学生になった人たちとは価値観違いすぎて全然話が、世界が合わない。

鬱で絶望を知ったわたしには、周りの若者が楽しめることを心から楽しいと思ったりできませんでした。考え方や物の見方が勝手に変わっててそれは自分が望んだわけでもなかったから、随分と戸惑ったし、どう対処したらいいのか分からず孤独でした。


一度人生をやり直せるなら、バカみたいな大学生活やりたいです、笑笑


少女時代から感じてた集団へ馴染めない感はさらにひどくなる!笑

人生の前半、どんだけだよ。

自分を社会や集団に合わせる難しさを感じながら、自己肯定感が低いので、うまく立ち回れない。楽しいことをやればいいのか、どんな風にしたら生きやすくなるのかいつもわからないまま、どこにいてもなんとなく居心地が良くなくて合わせるため頑張らないといけない気がしててエネルギーのないわたしでした。

そんな中、海外へバックパックの旅にも出たりしてたから本当今考えるとよくがんばってたなって大学生や20代のわたしをハグしてあげたいです。

社会人になったものの、結婚は早くします。多分、自信がなかったんだと思います。

一人で生きていく自信がなかったし、結婚して働いたり働かなかったりしてたけれど、そんな自由が許される環境に早く身を置きたかった、居心地が悪い環境にいる時逃げられる、選択できる場所にいたかったからだと思います。


でも、そんなのでは逃げられるわけもなく、30歳の頃色んな歪みが外に出始めます。

もう色んなこと隠せない。いや、隠すのもやめたくなった。

今までの『わたし』から一旦距離を置きたい、と思って、それまでの人間関係から離れます。

わたしはわたしなんだろうか。

そんな疑問がありました。


今までと同じ環境にいれば同じわたしが出てくる。でもそれは本当の私なんだろうか。

生きづらさを感じる人生を変えたかったのかもしれない。今までの人間関係が嫌だったとかではなくて、ステキな人もたくさんいて。でも、私が勝手に隠してた。気を遣ってた。自分を作ってた気がしました。

でももう、無理したり、ビクビク隠したり、周りと調和しようとか勝手にしすぎるんじゃなくて、そのままの自然なわたしでいいんではないだろうか。弱く繊細でダメでいいんではないか。


30歳の時、決意します。

というか、諦めます。

この不器用で、変わってて、馴染めないわたしを持ってこの人生を生きるんだ、と。

このわたしを受け入れる方にパワーを使おう。自分を隠す、取り繕う方にエネルギー使うんじゃなくて。


でも歩みはゆっくりでした。

その後30歳前半で子どもを二人産んだ後、ヨガを本格的にやり始めますが、そこで今度は夫との関係が破綻します。

今日はここまでですね!笑

どんなところで終わってるんだって感じですが、また書きます。

それでは。



最新記事

すべて表示

みなさん、こんにちは。 福岡は寒くなってきました。 いやー、この季節どうしてもいや、笑 秋からまた春になったらいいのにな。 でも冬の澄んだ空気の中の青空とか最高ですよね。 ま、今日は雨なんですけども。 私の長すぎる自己紹介、第二弾!...

ほんとうに長すぎて、、すんません。 Youtubeで中田敦彦さんが言ってました。 長尺で自己紹介していいのはお話のうまい自分くらいだって。 それ聞いてたのに、何にもいかせず超長い。 そしてこれでも終わりません。予告。笑 前回の続き。...

ついに最後。 まじ長くてすいません。 自分語りが長くて、キモいですね、笑笑 前回からの続き。 夫への宣言からもうすぐ4年。今、家庭はものすごく平和です。 イライラすることもほとんどないし(そりゃたまにある!笑)、だいたい感謝の気持ちで過ごせています。 昔とは違った愛もある。...